dedegumoは一体どこへ向かうのか?という問題について

 

皆様こんにちは、スタッフYです。

最近、お客様から次のようなお言葉をいただきます。

 

dedegumoが最近変わったね。

昔のデザインのほうがよかったね。

海外の商品が増えたね。

etc......

 

このようなお言葉をいただくのは、昔からdedegumoをご愛用いただいていたり、ご覧いただいてるお客様からです。

こうしてdedegumoの変化に大きく反響をいただけるのは大変うれしい事です。

何年も変化のないお店や会社の繁栄はありえません。その上で、dedegumoの変化は上昇気流に乗るための一歩だと思っています。

 

昔ながらのデザインがなくなるのはとても悲しいことです。毎年廃番商品を決めていますが、私個人的にも大好きなデザインが廃番になったときのショックはそれはそれは大きいです。廃番商品は、前年度売れ行きの悪かった商品、それからクオリティ向上のため変更する点において、現状の技術面では変更が難しくなった商品が対象となります。

 

前年度売れ行きの悪かった商品は、お客様の支持が得られなかったという「答え」です。この商品にかけていた材料費や人件費を、今度はお客様の支持が得られるような新しい商品を生み出すために使われます。もし、そうしなかったとしたら今頃dedegumoはなくなっていたかもしれません。

技術面で廃番を余儀なくされた商品は、いつか当店の技術がデザインに追いついたときまた復活するでしょう。

 

そうは言っても、売れている商品ばかり限定して販売していたらdedegumoらしさは失われます。そうならないために毎年新しい商品、デザインにチャレンジして生み出し続けていくしかありません。

新しいデザインにチャレンジするのにdedegumoらしさは当然変化していきます。時代とともにお客様の求めるデザインが変化したり、また職人も世代交代するからです。会社というのは生きています。だから変化をします。

 

海外商品の投入は、いままで「手作り時計」というニッチな世界の商品には興味のなかった方にも他の魅力的な商品からのアプローチでdedegumoを知ってもらうための新しい試みです。

輸入アクセサリーについては、当店では作ることのできない素材のユニークデザインのアクセを仕入れすることにしました。また「リングクロック」のようなガジェットタイプの時計も当店では作れない代わりに仕入れをしています。

オリジナルの真鍮時計とアクセ、LED搭載のステンレス「リングクロック」、磁器ジュエリーの「ナッシュ」。個性的なそれぞれの商品がそれぞれのファンを増やして、現在のdedegumoというお店を作っています。

 

dedegumoは一体どこへ向かうのか?

 

これは当社でもわかりません。

しかしながら、沢山のお客様にご愛用いただける商品をご提供できるように努力していくことだけは間違いありません。

是非dedegumoの変化を温かい目で見守りいだだき、またその変化を楽しんでくださると幸いです。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

イベント出展情報

12月6日(水)〜12日(火)
京都高島屋4階にて
期間限定販売します。

オンラインショップからお勧め

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール/店舗情報

onlineshopbanner.png

ブログ内検索

qrcode