【美術館】ボローニャ国際絵本原画展

皆様こんにちは。スタッフYです。

まだ残暑の厳しい8月ですが、毎年この時期に私が楽しみにしている展覧会がありますので今日はそれをご紹介します。

 

「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」(西宮市大谷記念美術館)

 

 

イタリアのボローニャで開催されるブックフェアに連動して行われるイラストレーションのコンペティション。

絵本の挿絵をテーマに誰でもエントリーすることができ、毎年多くの日本人イラストレーターさんも参加そして入選されています。

入選された作品は、ブックフェア後に世界で入選作品原画展として巡回されます。

日本では毎年、東京の板橋区立美術館で開催後、夏後半に兵庫の西宮市大谷記念美術館へ巡回してきます。

 

作品はとにかくバラエティに富んでいて、作風はファンタジー系のかわいいものから抽象、具象あり、画材はクレヨン、水彩からミクストメディア、最近はデジタルイラストも多いです。

たくさんの国から作品が来ているので、不思議と色彩や絵のタッチにお国柄が出ていてそれを見比べるのも面白いです。

一通り作品を見て回ると、自分が表現したかったアイデアのヒントになったり、新しい発見があったりと必ず何かを得ることができます。

 

この原画展をきっかけに絵本作家として活躍されている方も多く、私も数人ファンの作家さんがいます。

たとえば・・・

 

ニコレッタ・チェッコリさん(サンマリノ)

 

 

フィリップ・ジョルダーノさん(イタリア)

 

 

久保貴之さん(日本)

(久保さんは現在9/3まで大阪のYアートギャラリーさんで個展を開催中です。)

 

 

皆様も今年の夏の最後の思い出にアートに触れてお気に入りの作家さんを見つけてはいかがでしょうか?

大谷美術館でのボローニャ国際絵本原画展は9/24まで開催されています。

 

さて、アートな夏ということで展覧会のご紹介をしましたが、dedegumoの時計にも皆様ご存知の通り本当に個性的でアートな時計がいっぱいです。

なかでも私個人的にアートを感じる時計はこちら。

 

「金魚鉢2(レッド)」

 

 

文字盤をレイヤーで金魚や水草をハンドペイントしています。

時間と手間がとってもかかっています。だからこそ、手にしたときの感動があるんですね。

作り手の思いというのは、必ず出会ったときに言葉にしなくても伝わるものです。

だからこそ、ものつくりというのはたのしいし、思いのある作品や商品を購入するのは私も大好きです。

 

皆さんもdedegumoでそういった出会いを楽しんでいただけたらなあと思います。

 

 


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

イベント出展情報

12月6日(水)〜12日(火)
京都高島屋4階にて
期間限定販売します。

オンラインショップからお勧め

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール/店舗情報

onlineshopbanner.png

ブログ内検索

qrcode