ベルリン

2015.01.18 Sunday

皆様こんにちは。

スタッフYは今ベルリンに来ています。
目的は、ファション業界でも今アツいと言われているベルリンのファッション展示会の見学です。どんなものが見られるのか今から楽しみです。
そして、近い将来のdedegumo欧州進出のきっかけをつかむべく勉強してまいります。


今日は日曜でオフなので、電車を乗り継ぎ蚤の市に行ってきました。



ベルリンの地下鉄車内です。
市内の駅や電車は比較的キレイで物騒な雰囲気もせず安心感がありました。
でも現在、欧州全体がテロ警戒態勢なので気をつけなければいけませんね。
空港はやはりチェックが厳しかったですが、街中はあまり警備の人もいなかったです。


ミッテ地域のアルコナ広場の蚤の市



団地のような住宅の建物が立ち並ぶ間ににひょっこり現れた広場で毎週日曜日に行われている蚤の市。
規模はあまり大きくありませんでしたが、古い家具もおしゃれでいい感じでした。
古いジャンク系の時計もありました。
それから時計パーツを使った絵画アートも。(イギリスからの輸入品)

もう一つ、マウアーパークでの蚤の市も行きましたが、こちらは日本のフリマっぽくて、オリジナル物を売ってる作家さんもいました。(こちら在住の方か、日本人出展者も見かけました)
手作り(風)時計屋さんも発見。枠はおそらく中国などで工場生産、文字盤はオリジナルプリントを貼り付けたものでした。でも人だかりしてましたよ。珍しいのかな、手作り風時計。
時計パーツを使ったアクセ屋さんも発見。あとはレジンを使ったピアスやネックも沢山見ました。アクセ類は手作りものも大量に仕入れしただけのものも両方ありました。

個人的には旧東ドイツ製の可愛いものや状態の良いティンカンが欲しかったですがとても寒くじっくり見ていられず、3時間いたらもう限界(笑)
朝、路面が凍っていたので多分マイナスか0度ぐらいだったと思います。
日中は太陽が出ていましたが、日差しがすごく強いのに全然暖かくなりませんでしたモゴモゴ

ベルリンはモダニズム建築と世界遺産の古い建築が融合している都市です。
一つの建物が大きくてデザインが斬新。そして車道も歩道も広い。自転車レーンがちゃんとある。
ただし、駅はまったくバリアフリーではないので、他のヨーロッパの国もそうですが全ての人には優しくないかも知れませんが。
個人的にドイツ語が全然わからないのでちょっと不安ですが、道聞いたら若い人は流暢な英語で返してくれました。

明日の展示会でファッションのことなどまたお知らせできたらと思います。
お楽しみに!おはな
コメント
コメントする