IWQH36-C04のカラーバリエーション

2018.08.25 Saturday

こちらではお選びいただくのにイメージしやすいようにインロトシリーズの文字盤とベルトの組み合わせを掲載しています。

イントロシリーズIWQH36-C04の全カラーバリエーションをご紹介します。

クリックしていただくと各画像が拡大されます。

スマートフォンでご覧の方は「PC版」にしていただくと拡大できます。

 

フェイスカラー A(ホワイト)

ベルトカラー上段左からブラック、レッド、マロン、ブルー

下段左からディープピンク、ブラウン、オレンジ、グレー

 


 

フェイスカラー B(ブラック)

ベルトカラー上段左からブラック、レッド、マロン、ブルー

下段左からディープピンク、ブラウン、オレンジ、グレー

 

 

 

フェイスカラー C(カーキー)

ベルトカラー上段左からブラック、レッド、マロン、ブルー

下段左からディープピンク、ブラウン、オレンジ、グレー

 

 

 

以上になります。

オンラインショップのIWQH36-C04のページはこちらです。

 

 

夏のおすすめアイテム

2018.08.05 Sunday

dedegumoオンラインショップでは、海や水など涼しげなモチーフの時計やアクセサリーを特集しています。

その中のいくつかをご紹介します。

(追記:夏のおすすめアイテム特集は終了しました。2018.9.9)

 

クオーツ時計「海・風」(ブルー×ホワイト)

身に着けるだけで爽やかな海の風を感じることが出来るような時計です。

大胆なデザインが夏にぴったり。ボーダーTシャツやロンTとも相性が良いですね。

 

 

金彩上田×デデグモコラボレーションウォッチ「水界」

発売以来人気のコラボウォッチ、文字盤は完全に一点モノ、伝統工芸の金彩を施したとても貴重な一品です。

写真ではわかりにくいですが、様々な技法が詰まった職人さんならではのデザインで様々な色が文字盤で交わりあいとても深みがあります。ケースのパールブラックが落ち着いた雰囲気なので高級感もあります。

 

 

dedegumoアートピースウォッチ「あの子へのプレゼント」

dedegumoアートピースウォッチ「金色金魚図柄時計」

多方面で活躍するアーティストさんによるオリジナル文字盤。

各デザイン50個制作の数量限定時計です。絵画フレームの様な大きな四角い時計枠が文字盤の作品を引き立てます。

 

 

クオーツ時計「銀河鉄道」(ゴールド)

今春の新作時計で、発売以来大人気!物語を感じさせるファンタジックな文字盤が本当に素敵です。人とは違う個性的なアイテムをお探しの方にもおすすめです。

制作が追いつかず欠品気味でしたが現在はしっかり在庫ございます。

どうぞお早めに!

 

 

ホワイトバンブーウォッチ「レッド」「グリーン」

汗をかきやすい夏こそ、お勧めなのがバンブーウォッチです。

時計の本革は水や汗に弱いので、夏場はさらっとした竹の時計で過ごすのも良いですよ。

こちらの時計は、あまり見かけない小さめサイズのバンブーウォッチ。時計に使われることのすくない貴重な白竹を使用しています。

 

 

クオーツ時計「金魚鉢2」(レッド)

鉢の中で元気に泳ぐ金魚が描かれた文字盤の時計です。

そのユニークさから海外の方にも人気です。文字盤をじいと眺めていると本当に涼しさを感じます。

 

 

クオーツ時計「月光」(ネイビー)

人気のサン&ムーン時計。文字盤に存在感たっぷりな三日月が置かれていて星空を見上げているかのようです。

昼には太陽、夜には月が窓から顔を出すのが素敵です。

 

 

 

nachアニマルリング「ペンギン」

フランスの姉妹ブランドnachの陶器で出来たリングです。

可愛いペンギンがあなたの指元でちょこんと見守ってくれます。

専用ケース付きなので、プレゼントにもお勧めです。

 

 

 

nachアニマルピアス「コイ」

同じくnachから、鯉のピアスです。ゆらゆら揺れるのかとても可愛らしいです。

浴衣にもあうデザインです。

 

 

Hoops to Choose「スワロフスキーと星チェーン」セット

各チャームは自由に付け替えが出来るので、スワロだけ、星だけでもお召しいただけます。

色が涼しげでスワロの輝きと星のきらめきが夏の日差しにもぴったりです。

 

Hoops to Choose「限定金彩チャームと日本文様(籠目)」セット

こちらは金彩上田コラボ時計「水界」と同じデザインのチャームがついたピアスセットです。

こちらのチャームはとても人気で、またそれぞれ一つずつ違いますので手にしたら人とかぶらないところが良いですね。

浴衣にも、普段使いにもお召しいただけるデザインです。

 

 

是非お気に入りを見つけてください!

今月後半には、また新作時計も発売になりますのでこちらもどうぞお楽しみにお待ちくださいませ(^^)

 

 

キネティックアートウォッチの文字盤

2018.07.29 Sunday

キネティックアートウォッチの文字盤が動く様子です。

 

 

【新作】dedegumoアートピースウォッチ

2018.07.21 Saturday

本日(7/21)より、新しいシリーズ時計が発売になりました。

 

dedegumoアートピースウォッチ

 

 

今回、dedegumoは様々な方面で活躍するアーティストさん達に依頼しオリジナル作品を描き下ろしていただきました。

肉筆作品は素晴らしい魅力がありますが、アートピースウォッチではこの一点物の原画を、特殊な印刷技術を使い出来るだけ本物に近い形で再現しました。

写真ではわかりにくいですが、文字盤のモチーフが所々層(レイヤー)になっていて、まるで筆で描いたような仕上がりになっています。

 

時計枠も一から設計しオリジナル枠を作りました。他では見ることのできない大きな大きな絵画フレームのような時計枠です。

作品が主役なので針は目立ちませんが、右上の方に特注の針がちゃんとついています。

 

あなたの手元に画家が描いたオリジナル絵画を。dedegumoが提案するあたらしい絵画の楽しみ方です。

 

 

今回の作品は4名のアーティストさんの時計を発売いたしました。

 

 

画家:玉田晃さんの作品

左から「Stardust Train」「時のやさしさ」

 

実はスタッフYが個人的に大ファンの画家さんで、一見デジタル作品と見間違う緻密さが作品にはあるのですがすべて手描きで作品を制作されていらっしゃいます。三角四角丸などのシンプルな図形を配置しながらも動物がちょこんと絵の中に住んでいるのも温かみがあって素敵です。独特でファンタジー溢れるその世界観に皆さんもきっと魅了されることでしょう。

 

 

 

 

イラストレーター・絵本作家:おおでゆかこさんの作品

左から「ある夜の日の湖畔」「あの子へのプレゼント」

 

しろくま親子の絵本で有名なおおでさんの作品がdedegumo時計に登場です。写真ではわかりにくいですが、配色がとても綺麗で本当に一枚の絵で物語を感じる作品になっています。おおでさんの絵本との共通点がある作品のように感じられますので、是非ファンの方にもご覧いただきたい時計です。腕時計としてはもちろんお部屋のお気に入りの場所に飾りたくなります。

 

 

 

 

ぺインター:Reiko Kamiyamaさんの作品

左から「スノーブルー/ColorSounds」「マールブラック/ColorSounds」

 

イラストレーションから壁画制作まで、多方面で活躍するレイコさん。クールでかっこいい作品を描き続けていて最近は音楽と色をテーマにしたカラーサウンドのシリーズを手掛けていらっしゃいます。絵の具の最大大手リキテックスとのパートナーシップやファッションやアートを独特の切り口で特集する雑誌「Pen」で注目の画家として紹介されたのも記憶に新しいです。

 

 

 

 

画家・アーティスト:柏原晋平さんの作品

左から「金色金魚図柄時計」「金色牡丹図柄時計」

 

dedegumoの為に多くの作品を提供してくださっている柏原さんの新しいコラボレーションです。今回は黒地に浮かび上がる牡丹や金魚を繊細な筆のタッチで仕上げていただきました。印刷では金色の再現というのは出来ませんが、不思議と作品から金色が伝わってくるのはやはり作品の力でしょうか?柏原さんの作品は一点物のコラボウォッチや四方神象バンブーウォッチなどとても人気が高く、海外のお客様にもご支持いただいています。

 

 

以上、4名のアーティストさんと作品をご紹介しました。

どの作品も個性的で存在感のある素敵な時計になりました。是非店頭でまたオンラインショップでご覧ください。

 

 

このアートピースウォッチではお客様からの「カスタムオーダー」もお受けしております。

 

 

文字盤をキャンバスに見立てて自由に作品を描いてください。

描いた文字盤を使ってdedegumoの時計職人がアートピースウォッチに仕上げてお客様にお渡しいたします。

 

お祝いの記念に、特別な日のプレゼントに、お子様の絵を時計に・・・・

一つから時計に出来ますのでどうぞご利用ください。

また、個人作家さんはオリジナル作品を時計にして個人販売することも可能です。

3個セット価格は割引価格になっています。

 

カスタムオーダーも下記のアートピースウォッチの商品ページからご注文可能です。

 

 

50個〜100個の大型注文もお受けしております。別途お見積り致しますのでお問い合わせください。

 

 

dedegumoアートピースウォッチの商品ページはこちらです。

 

 

時折頂く「dedegumoって変わったよね」の裏側

2018.07.19 Thursday

以前にも同じようなことを書きました。

dedegumoは一体どこへ向かうのか?という問題について

 

そして、未だ古くからのdedegumoのファンの皆様には定期的に「dedegumoって昔と変わったよね」というお言葉をいただきます。

 

 

昔からの老舗のお店が閉店することになりました。

私たちはそのニュースをみて「わあ、ファンだったのに残念」と言います。

 

お店の人の立場としては言いたいのです。「では、なぜ閉店前に沢山来ていただけなかったのですか?」と。

 

そう、私たちが思っている以上にお店を継続していくことというのは大変なことです。

私も個人的に沢山思い当たることがあります。

大好きな雑貨屋さんや本屋さんや、洋服屋さん。。。。本当にその場で買ってあげてるかな、と。

ファンだからこそ、そこで購入してあげないと、そのお店はなくなるかもしれません。

または、お店が取り扱うものを変えるかもしれません。

私の大好きなちょっと変でレアなものも、もう二度と買えなくなるかもしれません。

 

dedegumoって昔と変わったよね、はこの時代とお客様の多様性により変わらざるをえなかったという要因もあります。

職人やスタッフを幸せにするためには、お店は利益を出さないといけません。

スタッフの私一人がご飯を食べられるだけの利益では、家族のある他のスタッフにちゃんとお給料が払えないのです。

利益を出すための商品づくりを日々考えていかなくてはいけません。

それと同時に、dedegumoだからこそ出来るデザインや技術はこのブランドの強みなので、個性的な商品も作り続けていかなくてはdedegumoのDNAは途絶えてしまいますし、それは絶対に避けていきたいと思っています。

 

どういうわけか、日本では利益追求が「悪」のように扱われますが、本当は利益が出ずにスタッフを不幸にすることが「悪」なのです。

 

利益を出す商品づくりは、お客様の支持をたくさん集められる「良い商品づくり」でもあります。

dedegumoはどうしたら、お客様に感動してもらえる商品を提供できるかを考え、可能な限り気持ちよくご購入いただける価格帯で提供したいと考えています。

価格をお客様に気持ちよくご購入いただける範囲で設定することは企業努力です。

dedegumoのイントロシリーズは、本当にdedegumoの渾身のシリーズだと思っています。

 

そういった、本当の裏側の思いは、なかなか伝わらないものです。

なので、これからもきっと「dedegumoって変わったよね、前の方がよかったよね」と言われ続けてしまうのでしょう。

 

それでも私たちは変化を恐れずに、そして変化してもご支持いただけるお客様のために素敵な商品づくりを続けていきたいと思います。